• アロマテラピー
  • アロマテラピー
  • セルフケア
  • スキンケア
  • セルフケア
【2021最新】美肌を保つUVケアの基礎知識・UV・コントロールカラーの選び方・日焼け止め対策 



美肌を保つため1年中かかせない紫外線対策。

「紫外線対策にUVケアを選びたいけれど、どれを選んだら良いか分からない。」

そのような方のために、UVの基礎知識についてご紹介します。

 

 

1、UVケアの選び方

UVケアを選ぶ際は、紫外線A波(UVーA)、紫外線B波(UVーB)のすべてからお肌を守ってくれるタイプがおすすめです

パッケージにどのタイプのUVをカットするのかチェックすることはお肌を紫外線のダメージから守るためにとても大切ですね。



2、UVの基本について

 

紫外線A波(UVーA):紫外線の90%以上はUVーA波

 

ガラスを透過するため、室内の窓際で過ごす時はしっかりとUVケアを

お肌の奥(真皮)まで到達するので、しみやダメージによる老化(ハリ、弾力の低下)を防ぎたいはUVケアに、PA+と記載のあるものがおすすめです。



+が多い程、効果が高くなります

 

例:

SPF 30PA+(効果がある)

SPF 30PA++(とても効果がある)

 

紫外線B波(UVーB):お肌の表面や細胞内の遺伝子にダメージを与える傾向があります

 

日常の紫外線対策の場合

SPF 2530PA++++と表記のあるUVケアを

 

ビーチへ行く際など長時間紫外線の影響を受ける場合

SPF 50PA++++がおすすめです

パソコンや、スマホのブルーライトも紫外線のようにお肌にダメージを与えるため、室内であってもパソコンやスマホを長時間使用する方は、UV効果のある下地や日焼け止めを顔にアプライするのがベター。

 

乾燥肌の方は保湿力のある乳液またはクリームタイプのUVケア製品を使用すると良いですね。

オイリー肌の方は、ジェルなどさっぱりしたタイプや、皮脂をコントロールしてくれるタイプを。

お肌に透明感を与えたい方ブルー系のコントロールカラーとUV効果のある成分が一体になったものを使用すると○。

お肌に赤みのある方は淡いグリーン系またはイエロー系のコントロールカラーを。濃いグリーンを全体的にぬるとシュレックのようになるのでご注意。濃いグリーンを使用する際は、顔の中央のみ使用するとナチュラルに仕上がります。

お肌に血色を与え健康的な印象にしたい方は、ピンク系のコントロールカラーがおすすめです。

 



Sponsored Link
関連キーワード
  • 【Summer】キャンプにおすすめ ラベンダーの豊かに香る虫よけスプレーレシピ How to make natural insect repellent with lavender essential oil
  • 【2021最新】美肌を保つUVケアの基礎知識・UV・コントロールカラーの選び方・日焼け止め対策 
  • 【簡単】秋のストロベリーミルクティー・ダイエット・美肌・プロテインドリンク・おすすめ・Japanese Protein Powder Recipes・Weight loss・Low Calorie・iherb Promo Code
  • 【ピックアップ】おうち時間をより快適に・おすすめデリケートゾーンケア・保湿・基礎知識・Skin Care・Emerita Feminine Wash・Moisturizer
  • 【ダイエット】ベジタリアンスムージー・ダイエット メニュー・プロテイン ドリンク・美肌 食事
  • 【おうち時間】ニューヨークのアボカドトーストにインスパイアされたブランチ レシピ・美肌ケア・時短クッキング・ダイエットレシピ・Japanese Healthy Lunch Recipe・Inspired by Avocado Toast

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事